祭りやぐらを導入しよう【オプションアイテムも販売】

緊急時に役立つ

土のう

備えあれば憂いなし

昨今の異常気象の前では、人は無力さを露呈している中で、身を守る方法としては、せめて予測できる範囲内で防災体制を整えておくことが大切です。特に、自治体等の支援を受けることができない緊急時の対応策が必要であり、非常用の防災グッズを準備しておくことの重要性は非常に高くなっています。特に、日本は比較的急流の川が近くを流れていることが多く、大雨の際には洪水の心配があり、さらには海が近い地域では、高潮、津波の心配があります。この水害に対して有効な緊急対策として、土嚢袋を利用するという方法があります。メディアで被災した地域の映像を見ると、一時的に家屋への水の侵入を遮断する土嚢袋を積んでいる場面が頻繁に映し出されています。土嚢袋は中に砂や石を詰め込んで重みを持たすことで、水の流れを遮断することができ、ちょっとした水の流れであれば防ぐことができます。この土嚢袋は、使い方次第で河川の洪水の際にも一時的な堤防の代わりができるほどの力を持っており、少々の水の流れであれば、防ぐことができるのです。この土嚢袋は、河川工事など普段から工事現場の水を遮断するためにも使用されていることからも、その有用性は折り紙付きともいえます。最近では、砂、石以外の素材を中に詰めるという方法も開発されており、普段は軽量であるにもかかわらず、必要時のみ水を入れることで吸水ポリマーの働きにより重みを確保できるといったタイプの土嚢袋もあるほどなのです。

Copyright© 2018 祭りやぐらを導入しよう【オプションアイテムも販売】 All Rights Reserved.